バルデナフィルはマカより優れている

良好な関係の男女

恋人にせよ、夫婦にせよ、2人の男女関係を上手く継続して行くには、愛の営みが重要でしょう。
だからこそ多くの男性が、愛の営みの際にはパートナーの女性を十分に満足させてあげたいと考えているのです。
ですが、若いころは有り余る程に体力や精力があった人でも、年齢と共に徐々に精力や体力の衰えが生じて行きます。
その結果、愛の営みを行っても肝心な時に、下半身がしっかりと機能しなくなり、相手の女性を満足させられずに終わるケースが生じるのです。

大半の男性にとって、そういった体力や精力の衰えによる性行為ができないことはショックでしょう。
なので最初はお酒のせいにしたり、たまたまだと考えて、衰えを受け入れられない人もいるものです。
ですが同じ様に肝心な時にしっかり機能しない事が繰り返されると、今度は愛の営み自体がプレッシャーとなり、楽しめなくてより下半身が機能しなくなるという悪循環を生み出します。

なのでまずは、体力の衰えによるEDだと認める事が大切でしょう。
その上で、症状の対処に乗り出す必要があります。
その際、マカの成分を多く摂取しようと考える人が少なくありません。
勃起力向上に効果のあると言われるサプリメントや精力剤の中にはこのマカが含まれていることが多いでしょう。
確かに精力剤の成分として人気のマカを摂取する事で、EDの改善効果は期待できます。
ただし、マカの効果の出方は比較的ゆっくりで、1度や2度摂取して即座に改善効果が得られる訳ではありません。
継続して摂取することで、日常生活を送るうち徐々に改善効果を高めていくものなのです。

だからこそ、パートナーとの気まずい関係を早く何とかしたいと考える人は、バルデナフィルの成分が含まれたED治療薬を服用すべきです。
バルデナフィルはレビトラなどのED治療薬に含まれる成分で、臨床試験をクリアした医薬品なので確実にマカよりも高いED改善効果を持っています。
しかも即効性にも優れており、バルデナフィルを含んだED治療薬を服用する事で、素早く症状を改善する事が期待可能です。

シルデナフィルとバルデナフィルの大きな違いは?

ED治療薬の違いを説明する医師

世界的にも有名なED治療薬にバイアグラが存在しますが、その働きは勃起をするのを抑制するPDE-5という酵素の働きを阻害することで勃起しやすい状態を維持することとなります。
一方、バイアグラに次いで開発されたED治療薬にレビトラが存在しますが、これもバイアグラと同じ様にPDE-5を阻害する働きを持っており、ED治療のメカニズムはほぼ一緒です。

ただ有効成分の命名に違いが存在し、バイアグラの有効成分はシルディナフィルで、レビトラの有効成分はバルデナフィルとなります。
この有効成分により違いが存在するのも確かで、実際には効果は良く似ていますが、作用までの時間などに大きな違いが見られます。

まず服用してからの効き始めの即効性という観点で見れば、バルデナフィルの方がシルディナフィルよりも優れています。
バルデナフィルの場合は、服用して約15~30分の間で効果が現れて来ますが、一方のシルディナフィルの場合は服用して約30分~1時間の間に効果が出てきます。

また、シルディナフィルの場合は食事の影響を受けやすいため、食事を摂取していると勃起の効果が薄れる特徴を持っています。
バルデナフィルの場合は食事の影響をほとんど受けることがないと言われており確実な勃起状態を保つことができます。
従ってバイアグラの場合は食事後、消化が終了してから服用することが重要となります。

最もバルデナフィルにおいても全く食事の影響を受けないとするものではなく、標準的な食事であれば影響を受けない点に注意を要します。
アルコールなども影響がないとされていますが、過度の摂取は控えるべきでしょう。
作用する時間においては、シルディナフィルもバルデナフィルも共に服用後3~5時間程度、作用し続ける形になります。

薬の薬価自体は即効性のあるバルデナフィルを配合しているレビトラの方が、シルディナフィル配合のバイアグラより割高になる傾向が見られます。

レビトラの使用は自己責任

個人輸入でレビトラを買う男性

ED治療薬を服用するには、病院などの医療機関に行って診察を受けたうえで処方され入手する手段が通常でしょう。
しかし、実はこうした医療機関を使った方法だけではなく、レビトラなどの後発医薬品を入手する手段は存在します。
それは、個人輸入で海外からレビトラの後発医薬品を入手することです。
後発医薬品は、一般的にジェネリック医薬品と呼ばれているものですが、海外の薬の事情は日本とは違っています。
日本国内では、国によって認められた数種類のED治療薬しか提供することが認められておらず、しかも国内の一般的なドラッグストアなどの薬局にジェネリック医薬品を流通させることは禁止しています。
その反面で、海外ではジェネリック医薬品を気軽に入手できますので、病院に行かなくても一般人が薬を購入できる環境にあります。
なので、海外のジェネリック医薬品を日本国内へ輸入し手に入れることは違法ではありません。
レビトラのジェネリックも同様で、ED治療薬のバリフはジェネリック医薬品になりますがこの薬も海外から輸入して入手することになります。

ただ、こうした海外の薬を入手するときには自己責任で薬を入手しなくてはならない側面もあります。
日本国内で処方される薬は、文字通り処方する媒体が病院と決まっていますのでそれ以外のところから処方されることはありません。
この場合、薬に関して何らかの不備があったときにはその薬を提供した病院が責任をとらなくてはいけません。
この点に関してはED治療薬のレビトラであっても同じなので、服用したときに身体に異常が生じたときにはすぐに処方された病院へ相談に行き、法的な処置を検討する必要があります。

一方で、海外から個人輸入でジェネリック医薬品を購入したときには誰も責任をとってくれません。
個人輸入した薬の影響で体に異変が起きたとしても、病院は責任をとれませんので自己責任で薬のトラブルを処理しなくてはいけません。
海外の薬や保険の事情は日本国内のそれとは全く違うので、海外の薬を利用するときには相応のリスクが存在することをきちんと理解しておく必要があります。
とはいえ、診察などをしてくれないわけではないので、薬の影響で体に何らかの異常が見られた場合は医療機関へ行くか、相談をするようにしましょう。