バルデナフィルと湿疹と説明について

バルデナフィルの説明をする医師

日本では、勃起不全に悩む男性が少なくありません。

最近は、勃起不全のことをEDと呼ぶことが多くなっています。

製薬会社の長年の研究によって、優れた治療薬も誕生しています。

爆発的に売れた勃起不全の治療薬と言えば、バイアグラです。

バイアグラの次に誕生した勃起不全の治療薬が、レビトラです。

レビトラは、ドイツに本社がある有名な大手製薬会社が製造と販売を行っています。

保険が適用されないので、自由診療となります。

日本では、2004年の4月に製造販売が許可され、同じ年の6月に発売がスタートしています。

薬の箱には、炎が描かれているのですが、炎には服用するとすぐ効くという意味が込められていると言われています。

レビトラの有効成分は、バルデナフィルです。

バルデナフィルは、結晶性の粉末で、水に溶けやすいという性質があります。

この性質は、バルデナフィル独自のものです。

見ずに溶けやすいので、最高血中濃度に達する時間も、とても速いのです。

バルデナフィルには、PDE5という酵素を阻害する作用があります。

PDE5を阻害することで、勃起をサポートすることができるのです。

レビトラは、性行為の1時間前に飲みます。

効果が最も高いのは、服用してから1時間前後です。

服用は、1日1回で、次の服用まで24時間以上空けることが大事です。

服用前に、説明書をよく読んでおきます。

服用後に、頭痛やほてり、湿疹などの症状が出た場合は、すぐに薬の使用を中止して、病院へ行った方が安心です。

頭痛とほてりは、血管を広げたことによって出る症状で、数時間経てば治ることが多いです。

もし、急激に視力が低下するようなことがあれば、すぐに眼科専門医の診察を受けるようにします。