先発ED治療薬の中でも効果発現が早いバルデナフィル

早い砂時計

世界的にも人気が高いED治療薬の中でも先発薬としてよく知られているのは三つあり、そのうちの一つが有効成分がバルデナフィルであるレビトラです。

バルデナフィルの最大の特徴は、効果発現にかかる時間が他のED治療薬と比べると短いという事が挙げられます。

例えば、急な成り行きで性行為を行う事になり、万が一の場合に備えてED治療薬を備えていたとします。

備えているのは良かったものの、服用してからあまり性行為をするまでに時間の余裕がないなどと言う時もあります。

そのような時にこそレビトラが最適であり、レビトラならば空腹の状態で服用すれば20分程度で効果が現れるのです。

他の治療薬ではもっと時間が必要となる可能性が高く、折角の夜が台無しになってしまいかねないです。

それではどうしてバルデナフィルは他の治療薬の成分よりも効果発現が早いのかというと、バルデナフィルは他の薬と比べると水に溶けやすい性質があり、その性質が体内への吸収速度を速めてくれるのです。

だからこそ短時間で効果があり、急な場合には最適な治療薬という訳です。

その他には薬を服用する際に標準的な食事ならば影響を受けないという特徴もあります。

食事はED治療薬の吸収を阻害してしまって効果が半減してしまうケースもあるのですが、バルデナフィルの場合はその影響を受けにくく、脂っぽいものを避けて食事量を控えめにすればそれほど食事の影響を心配する必要はないのです。

最初に登場したED治療薬であるバイアグラが食事の影響が大きな問題であったので、それを改良して登場したのがバルデナフィルを含んでいるレビトラなのです。

ただし、全く影響を受けないわけではないので、その点については誤解しないで活用すべきです。